京都府中央運輸事業協同組合が提案する物流合理化情報はこちらから

 
 以下の内容でお困りの荷主企業様へ当組合企業が、ご相談を承ります。


物流コストの低減について
●原料・資材の搬入コストを抑えたい
●納品時検品、時間指定納品の為のコストが下げられない
●自社配送で、積載効率が悪く、車輌も稼動していない時間が多い
保管・流通加工・作業について
●作業の生産性が効率性が低く、作業遅れも頻繁で人件費率上昇の原因になっている
●在庫保管スペースが常に不足している
●物量の波動が大きく、繁忙期のみ外部倉庫を利用したい
●パート・アルバイトを募集するが、人材がなかなか集まらない
物流システムについて
●自社のトータル物流で、問題点がわからず、改革・改善の取組みができない
●拠点機能の見直しや、立地など、物流のトータル的な効率化をはかりたい
●顧客の要求に柔軟に対応できる流通加工や配送のしくみを持った運送会社を探している
●輸入から国内物流までを一貫して効率化したい
情報システムについて
●需要予測をたて生産・出荷計画を効率的に行いたい
●売上・在庫状況をリアルタイムで把握できるようにしたい
●顧客からの発注がFAX・TELの為、事務処理に無駄な時間をかけている
●リアルタイムで作業進捗がわかるピッキングシステムを探している
物流品質・サービスについて
●物流の波動が大きく、納品遅れで顧客に迷惑をかけている
●ジャストインタイムで部材供給ができる仕組みを持った物流会社を探している
●誤配送・輸送途上での汚破損による、顧客からのクレームが多い
●欠品、過剰な在庫が頻発して、クレームになることが多い
●流通加工、出荷作業がシステム(しくみ)化しておらず、ピッキングや仕分けのミスが多い
●受注〜出荷までのリードタイムが短く顧客の要望に対応できない


相談先企業検索はココをクリック
 
京都府中央運輸事業協同組合
〒612-8418 京都市伏見区竹田向代町51-5 京都自動車会館 5階
TEL (075)-693-8228 FAX (075)-693-8229
(C)Copyright 2007 kyoto chuo transportation cooperative society. All rights reserved.